7/4 ゾウノマママルシェ開催報告と出店者紹介

ゾウノマママルシェ、
皆さんのおかげで無事終了することができました。

出店者の方々、象の鼻テラスの方々、
そして足を運んでくださった方々、ありがとうございます!

以下、まま力の会の活動に賛同していただき、

マルシェに出店してくださった皆様のご紹介です。

今秋も開催予定ですので、皆さまどうぞよろしく

お願いいたします。

7/4(火)ゾウノマママルシェ 出店者紹介まとめ

こんにちは。まま力の会の森田です。
7月4日(火)のゾウノマママルシェまであと2週間となりました。
イベントに出店してくださる皆様の紹介をしていきたいと思います。

まず1つ目は、飲食ブースからAS muffin(アズマフィン)さん。

<出店者紹介>
野菜を使った手作りのマフィンとスコーンを販売します。
人参、ほうれん草、ごぼうなど定番野菜を使った人気マフィンの他、
季節の野菜をとりいれた限定マフィンをお持ちします。
メニューは当日までのお楽しみに♪

http://asmuffin.com/

前回のイベントでも出店していただき、大盛況だったAS muffinさん。
他のお店では食べられないような種類のマフィンをたくさん扱っていて、
どれも食べてみたい!と目移りしてしまいます。

 

今回はどんなマフィンがお店に並ぶのか、とても楽しみです ♪
続いて2ブース目は、yururi salon × HanaUta cafeさんをご紹介します。
ジュニア野菜ソムリエの資格を活かし
「野菜をおいしくたのしくたくさん食べる」をテーマにオープンした惣菜カフェから、
山形や湘南の直送野菜を主に使ったお弁当を販売いたします。

 

また、おもちゃなどのこどものリユース品を、こども自身で販売します。

 

 

https://www.facebook.com/YururiSalonXHanaUtaCafe/

 

石川町駅から徒歩2分にある、一軒家を改装したのんびりくつろげるカフェです。
1.2階がハナウタカフェ、3階がユルリサロン。
カフェもサロンも、どちらも子どもに優しいお店です。

 

ゾウノマママルシェでは前回同様、
お弁当を販売いただくほか、
おもちゃ等のリユース品も出品してくださいます♪
お弁当もおもちゃも、楽しみですね。

 


3ブース目はワークショップのご紹介です。
まま力の会では、横浜コミュニティデザインラボと共催で、「まちのミシンを持つ」という、
家庭で眠っているミシンを寄贈していただき、そのミシンを使って、ワークショップや、
ミシンを通じたものづくり、繋がりづくりをする活動をしています。
(ミシンは10台集まりました。ありがとうございます。)
今年の春にはミシンオープンデーを設けて、入園グッズづくりをしたり、
トレーニングパンツのワークショップを行ったりしました。
その「まちのミシンを持つ」の活動にて、ミシンアドバイザーの1人でもある、
まま力の会のメンバー村田晶子さんが、活動に寄付してくださった布を使って、
ポケットティッシュケース作りを行います。
当日参加可能ですが、事前予約も受け付けますので、
タイトルに【簡単ポケットティッシュケース】予約希望と書き、
お名前、連絡先電話番号、メールアドレス、希望時間をご連絡ください。
・製作時間・約20分
(折り畳み済み、両脇を縫っていただきます)  
・料金・500円            
・講師・まま力の会 村田晶子
(日本手芸普及協会・パッチワーク 講師・指導員)      
まま力・ミシンの会に参加
【簡単ポケットテッシュケースって・・・?】
ポケットティッシュと同じ幅の布を山・谷・山・谷・・・と折り畳み、両脇を縫うだけで作れます‼
ティッシュが入ってる後ろにも絆創膏などちょっとした物が入れられるポケットがついてます。
まま力へ寄付していただいた布を使って製作します。
                                   


さて、4ブース目はがま口先生こと、*Coco Works*伊藤由香さんの

縫わないがま口ワークショップのご紹介です。

 

ここからは5/30にまま力の会が行ったクリエイターズミーティングで出会った方々の

ご紹介です。

今回のゾウノマママルシェでは、クリエイターさんたちの協力を得て、

まちのミシンを使ったワークショップコーナーと、リメイクワークショップコーナー、

クリエイターさんたちの作品を販売するハンドメイドコーナーを設けます。

 

*Coco Works*さんもクリエイターズミーティングにご参加くださったのがご縁です。

クリエイターさん同士の横のつながりを持ち、寄付を募って集まった「まちのミシン」を

活用していけたらと企画しました中で、とても素敵ながま口ちゃんたちをお披露目してくださいました。

 

縫わなくてもがま口を作ることができるというのが衝撃的で、

小さくなった子供服の生地で作れたら別の形で残せて素敵だよねという話題になり、今回まま力の会ブース、リメイクワークショップコーナーにて開催してくださいます。

がま口にしたい布を持参しても良いですし、*Coco Works*さんが素敵な布たちをご用意下さっているので手ぶらでもOKです。

 

ワークショップは、当日の空きがあれば、当日参加も可能ですが、事前予約がオススメです。

申し込みメールアドレス mama.ryoku@gmail.com

タイトルに【縫わないがま口ワークショップ参加希望】と書き、
お名前、連絡先電話番号、メールアドレス、希望時間
を送信ください。追ってご連絡をさせていただきます。

 

ご参加お待ちしています!

ワークショップ詳細はこちらです。

 

【*Coko Works*ココワークスの 縫わないがま口ワークショップ 】


針も糸も使わずに縫わないで出来るカンタンなのにきれいに仕上がるがま口のワークショップです。
小さなお子様からお年寄りの方まで、どんなに不器用だと言い張る方でもハサミで線通りに切ることができればがま口が作れます。
*未就学児の方は保護者の付き添いをお願いします。

 

<アイテム>
・ちびがま  1,000円
・印鑑ケース 1,200円
・カードケース1,500円
・ペンケース 2,000円

 

<時間>
10:00~
11:00~
12:00~
13:00~
・各4席


・当日受付もできますが予約がおすすめです。

リメイクワークショップでもあるので使いたい布がある場合はご持参ください。

極端に厚い布でなければ伸びる生地でもできます。

(生地によっては使えない場合もあります。ご了承ください)
布はこちらでも用意していますので手ぶらでもOKです。

5ブース目はsumiさんこと、かながワーク sewing club 主宰 石川 澄江さんの

「簡単!オリジナル miniバッグ作り」のご紹介です。

 

5/30にまま力の会が行ったクリエイターズミーティングにも参加下さったsumiさんですが、既に「まちのミシンを持つ」の活動にご協力下さっていて、ミシンアドバイザーとしてミシンオープンデーの際に助けて下さっています。

 

作りたいものをアイデアいっぱいでアドバイスして下さりとても頼りにしています。

神奈川区で主な活動を行っている石川さんですが、ミシンのためなら、

困っている人がいるなら、地域を越えて。とまま力の会の活動を支援してくださっています。

 

ゾウノマママルシェでは、まちのミシンを使ったワークショップとして、

オリジナルminiバッグ作りをご提案くださいました。

 

男の子向けあり、女の子向けあり、もちろん大人も使える様々なかわいらしい生地には、

持ち手が付けられており、端にはロックミシンがかけられています。あとは縫うだけで

かわいいバッグができあがってしまうんです!

生地も好きなものを選ぶことができるので楽しいですね。

 

ワークショップは、当日参加可能です。事前予約もできますので、ご連絡下さい。

申し込みメールアドレス mama.ryoku@gmail.com

タイトルに【簡単!オリジナル miniバッグ作り参加希望】と書き、
お名前、連絡先電話番号、メールアドレス、希望時間
を送信ください。追ってご連絡をさせていただきます。

 

ご参加お待ちしています!

ワークショップ詳細はこちらです。

 

【簡単!オリジナル miniバッグ作り】

ミシンで2回グルっと縫ったら出来上がる
簡単!miniバッグ作り体験です。

お好きな布をワクワクしながら2枚選んで頂き、
世界に1つだけのオリジナルバッグを作りましょう♪

スマホやお財布を入れて…(for ママ)
おやつやおもちゃ を入れて…(for キッズ)

料金は500円+布代(¥50〜¥200/1枚)

講師:かながワーク sewing club 主宰 石川 澄江(sumi)

さあ続いては、クリエイターさんのご紹介です。

昨年10月に初めてのゾウノマママルシェを開催し、その時に「まちのミシンを持つ」と

ファブラボ関内とのコラボワークショップを行いました。

子どもの絵を刺繍にするワークショップで、絵を描き始めた頃の子どもの絵を持って来ていただき、ファブラボ関内のデジタルミシンで刺繍にするというもの。

作品になった我が子の絵をとても喜んでくださったという、ワークショップでした。


今回参加のあやかさんもこのワークショップに参加してくれた1人でした。
その後、なんと、あやかさんはデジタルミシンをご自身で購入し、この時の感動を自分の周りのママさんに、たくさんの人へ伝えたいと考えたそうです。

ワークショップを開催した私たちまま力の会もそのお話を聞き、嬉しい気持ちになりました。あやかさんの想いがたくさんの方へ繋がりますように。

 

マルシェでは刺繍小物を出品します。

※マルシェでは『こどもの絵刺しゅう』、『家族の〈かたち〉刺しゅう』はご紹介のみで、体験出来ません。ご注文ご希望の際は、出店者へ直接お申込下さい。

 

詳細はこちらです。

【いろんな✳︎カタチ✳︎刺しゅうします】

『こどもの絵刺しゅう』
こどもがはじめて描いた✳︎かたち✳︎に感動したことありませんか?
そんな今しかない✳︎かたち✳︎を カタチ にして残すお手伝いをいたします

トートバック刺しゅう(大きさ2種類)バック+刺しゅう代込み

◾️Sサイズ ¥2000+送料
◾️Mサイズ¥2200+送料

刺しゅう糸 10色の中から2種類お選びいただけます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『家族の〈かたち〉刺しゅう』

A4サイズ ¥2300 + 送料

家族の手形が重なり合うカタチに刺しゅういたします

家族の手形、ファミリーネームは基本料金内です

刺しゅうしたい文章や言葉、歌詞などがある方はプラス¥500で可能です

オーダーご希望の方は

こちらに「オーダー希望」とメールをくだされば詳しい詳細をこちらからメールでお送り致します。

momonokisannba@yahoo.co.jp

ゾウノマママルシェ 2017夏

 

会場:象の鼻テラス

〒231-0002 横浜市中区海岸通1丁目

 

詳しくはこちら


7ブース目は、ビーズでアクセサリーを作るpuka★pucaさんです。

クリエイターズミーティングでは、ミシンを使うクリエイターさんだけでなく、様々なジャンルの方と繋がることができたらと思い参加を募りました。

作った作品をお友達にプレゼントしたり、販売していたというpuka★pucaさん。

友人からクリエイターズミーティングの話を聞いて参加することを決めたそうです。

 

puka★pucaさんプロフィール

「ビーズで何かを作る人」を目指しています。見ているだけで気持ちがウキウキしちゃうような、そんな作品をのんびり作っていきたいと考えております。

今回のマママルシェが初めてのイベント販売となります。

わからないことだらけで大丈夫かなと不安も多いですが、Instagramを始めたり、

ショップカードを作ったりとワクワクしております。

マルシェでは写真のピアスなどアクセサリーを700〜900円で販売予定です。

たくさんの方に見ていただけたら嬉しいです。

さあさあどんどん紹介しますよ~

8ブース目は、テキスタイルデザインのかばん作りと フリーのライターをしているヨコハマかばん工房ナーラックのmizupoさんです。

おせちや月餅など美味しそうなイラストのオリジナル生地で、かばんや洋服などを作られているナーラックさん。

ヨコハマハンドメイドマルシェなどにも出展し活躍のクリエイターさんです。

今回のゾウノマママルシェのクリエイターコーナーはmizupoさんがみんなのタグを作ってくれたり、リーダーシップを取ってくれています。可愛い作品ぜひご覧ください。

 

プロフィールはこちら

ヨコハマかばん工房 ナーラック profile
横浜らへんでモゾモゾ活動しているデザイナーのアパレルブランド。

横浜や食べ物をテーマにした、オリジナルデザインのカバンや洋服を作っています。
ゾウノマママルシェvol.2では、ポーチなど小物をご用意する予定です。

よろしければへんてこデザインを見にいらしてください!

続いて9ブース目はさゆり幼稚園ママさんです。

お洋服のリユースをはじめ、おもちゃや小物も出品してくださるそうです。
前回のゾウノマママルシェでも、
可愛いお洋服をたくさん出品してくださっていたので、
今回も楽しみです♪

<さゆり幼稚園ママさん 紹介文>
子供と一緒に過ごした♡洋服、おもちゃをもう一度使って頂けるならば!
と同じ幼稚園のママたちが意気投合し、出店します!

子供の成長と共に使わなくなった
洋服、小物、おもちゃ、授乳服、マタニティウェアなどたくさん出品します。

ゾウノマママルシェに来て頂いた方と
楽しい一日を過ごしたいと思っておりますので、
是非お気軽にお立ち寄り下さい♩
10ブース目は生活クラブ中コモンズさんです。

「安全」「健康」「環境」にこだわった食品の宅配で知られる生活クラブさんですが、
今回のゾウノマママルシェで洋服のリユースやワークショップなどの講座を
開いてくださいます。

<出店内容>
①子供服を買って国際貢献をしよう!

②エコナプキン・ふんどしパンツを作るワークショップ
次の生理が待ち遠しくなった事はありますか?
ネル生地で作る布ナプキンはあてているだけで温かく心地いいんです!
さらに自分でチクチク縫って染めたナプキンは愛おしい!
一緒に布ナプキン生活始めてみませんか?
(※販売品もあります)

講師 藤井泰子先生
金額 900円(材料費込み)
時間 1時間程度(7/4 11時よりスタート)


③試食1 クリームサンドビスケット(お菓子)

④試食2 おさかなソーセージ、ミニゼリー

盛りだくさんの出品内容で、
当日がとても楽しみですね♪
さあ続いて11ブース目は、±3~pulamaisan~さん、tinoさん、森野屋さんのお三方です。

 

手編み・刺繍・羊毛フェルト等のアクセサリーやポーチなど、
小物ハンドメイドの店「±3~pulamaisan~」さん、

 

綿や麻など天然素材で作るシャツやカバン、
ニットで作る帽子や小物などを製作する「森野屋」さんと

 

そして、小さなアクセサリーを作っている「tino」さんが合同出店。

 

どれも温かみのある作品ばかり。

 

「±3~pulamaisanさん~」と「森野屋さん」は昨年も出店していただき、
お客さんの絶えない人気ブースでした!

 

<出店者紹介>
±3〜pulamaisan〜
3姉妹がそれぞれの得意分野を活かし、時に協力しながら作品製作をしています。
ニット・クロッシェ・羊毛フェルト・レジン・刺繍のアクセサリーや小物、バッグ・ポーチなどの布小物、などなど、
カワイイ‼︎と思うものを作っています
続いてご紹介するのは、handmade mama MARIRIさん。

 

ご自宅でアロマトリートメントや、
ミシンを使ったリメイク品やアクセサリーを作るお仕事をされている、
ハンドメイド作家ママさんです。

 

リメイク品のほかにも、七五三着物、羽織袴、ミニドレス、スーツ、浴衣ドレス、甚平など、
思い出のつまったたくさんのリユース品を出品してくださいます。

 

今回はくるみボタン作り(アクセサリー)のワークショップまで開催予定とのこと!

 

<ワークショップ概要>
お好きな布やハギレ、
サイズアウトした子供服やシミがついて着られないけど柄が好きだったり、
思い出があり捨てられない服などがあればお持ち下さい!

そんな服をリメイクしてくるみボタンにしてみませんか!!

自分の服や子供たちの思い出を女の子はヘアアクセサリーして親子で身に付けたり、
男の子はクルミボタンを他の服やバッチのようにカバンなどにつける事ができます。

ぜひ大切な思い出の服をリメイクして残してみてはいかがでしょうか。
料金:300-500円(材料費込み)
時間:10分程度
概要:布(ご用意もあります)を選んでいただき、くるみボタンとゴムをつけてヘアアクセサリーが作れます。

 

色々な種類のリユース品にワークショップ、
とても楽しみですね!


ゾウノマママルシェ 2017夏

 

会場:象の鼻テラス

〒231-0002 横浜市中区海岸通1丁目

 

詳しくはこちら


ゾウノマママルシェの出店者情報、
続いてはかいじゅうmamaマルシェさんをご紹介します。

かいじゅうmamaマルシェさんは、
かいじゅうの森ようちえんのママさんたちのグループです。
子供服のリユース・リサイクルでは、
今から夏に着れる古着を中心に100円からの手頃な価格帯で
出品してくださいます。

また、親子で使えるハンドメイド品(ヘアゴムや髪留め、アクセサリー)などを販売予定です。

そのほか、こども達と一緒に無農薬で育てている
朝採れの野菜やハーブ、生花を販売してくださるそうです!
7/4開催のゾウノマママルシェ出店者紹介も
これが最後となりました。

ご紹介するのは、ハンドメイド好きなママさんグループです。

 

<出店者からのコメント>
ハンドメイド好きなママによるアクセサリーやバッグ、
キッズに人気の乗り物をモチーフにしたポーチ!
丁寧な手作業による作品たちを是非ご覧ください。
リユース服もあります。
可愛いハンドメイド作品の数々に、
見ているだけで心が躍るようですね。
当日がとても楽しみです!

VOL1 ゾウノマママルシェ

http://www.kanaloco.jp/sp/article/206922

昨年は10月に開催、多くのお客様にご来場いただきました。